近視の人にとって、毎日の生活はなかなかに面倒なことが多いものです。
それというのも、近視の人は近くは見えるものの、遠くが見えません。
たいていの物はある程度の距離を開けたところにありますので、何がしかの矯正道具がないと見えないのです。
メガネ女子が増えてきたとは言うものの、やはりメガネは野暮ったく見えるし、かといってコンタクトレンズは目に負担がかかってつらいという、どちらにも一長一短があります。
そんな近視でお悩みの方に朗報なのが、寝ている間に視力矯正をしてしまうオルソケラトロジーという、新しい矯正方法です。
寝ている間にコンタクトをつけ、それによって焦点を結ぶ位置を修正します。
朝になって取り外しても、クセ付けした焦点位置はそのまま保たれることにより、裸眼で日中を過ごすことができるという、画期的な方法です。
近視に悩み、何とかしたいけれどレーシックは怖いという方は、まずは白鵬女子に相談してみるといいのではないでしょうか。