離婚について 、夫婦で話し合いが成立し、チャンチャンと離婚届けに両者が判を押す協議離婚の場合は、比較的円滑にもろもろの作業は進みます。
特に互いの非を責めることなく所謂性格の不一致ということで済めばめでたしめでたしです。
ただ実際には、そんな綺麗な収まり方をする離婚はあまりなく、互いに糾弾し合って、親の悪口まで引っ張り出してもめにもめることが多いです。
それでも 両方が相手の事は嫌っているが、離婚の条件で合意がとれず、片方が離婚に応じないというケ-スが多いです。
家庭裁判所に通わなければならない調停離婚ならいざ知らず、もつれにもつれて 裁判離婚になる場合も多々あります。
そうなると時間はやたらとかかるし、費用もかなりかかります。
そんな場合、とことん行く前にもめそうだなあという予感がしたら、早めに弁護士に法律相談ということでいろいろと聞いてみることは非常に大切なことです。
相談することで、自分の離婚というのが簡単に協議離婚で済むならばOK、そうでないと考えられる場合、なるたけ簡素な形で納めるための作戦会議の参謀としてあてに出来るからです。
法定離婚の場合、そのまま顧問弁護士になってもらえば話が早いです。
弁護士はサイトでも色々と調べられます。http://ricon-pro.com/