抗酸化作用とは体内で発生する活性酸素を抑える働きのことである。
http://josei-nayami.jp/answer/trouble_03.html
体内で活性酸素が増大すると、酸化によって鉄が錆びる如く体を錆びらてしまう。
具体的には生活習慣病や老化をもたらしてしまうのである。
活性酸素は激しい運動の他、大気汚染、紫外線の増加、ストレス、特定の食品の摂取等がその発生要因とされる。
抗酸化作用には体内で作られるものと対外から取り入れるものがあるが、前者は20代をピークに低下ししまうので、食品としての抗酸化物質を適度に摂取しなければならない。
抗酸化物質は多岐に亘るがメジャーなものを挙げてみると、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、カロチノイド、ポリフェノール類(フラボノイド、カテキン、イソフラボン、アントシアニン)などがある。
ポリフェノール類などはいずれもどこかで聞いたことのあるものばかりではないだろうか。