「商業の町、大阪」今、朝どらでご存知の人気番組「カーネーション」の舞台になったのが岸和田。
有名な世界的デザイナーの三姉妹とその母親のドラマ化した番組が人気番組である。
あのドラマで感じたことは、彼女等が成功したのは、確かに才能も豊富であったことは言うまでもないが、岸和田という環境が影響したことは疑う余地もない。
律動感、親近感、温情が飛び交うそれが岸和田だ。
岸和田と言えば、だんじりがすぐ目に浮かぶ。
だんじりの季節がくれば誰もがそれに夢中になる。
それはすごい。
あれだけの重量のあるものを一気に駆け込む姿。
一人でもいい加減なことをすれば、とてもあんなだんじりは動かすことはできない。
みんなが参加して盛り上げる。
その意気込みは大阪の経済が落ち込んでも一気に盛り返す。
今、東は大きな災害で日本中が落ち込んでいる。
大阪こそ、岸和田のだんじりの勢いを背に一気に日本列島の沈んだこのもやもやを吹き飛ばしてくれると信じる。
あのだんじり精神が経済を活性化してくれる。
そういう潜在力をもった大阪で不動産を手にしたい。
見つけたい。