電子メールを利用していて、ついうっかり宛先を間違えたり、添付ファイルを間違えたりというような、
誤送信をしてしまうということは、誰もが起こしてしまう可能性があることです。
そうして誤送信をしてしまった際、
その電子メールが他愛もない内容のプライベートのメールであったなら大した問題にはなりませんが、
もしも、ビジネス上の機密的な内容のメールを誤送信してしまったとなったら、
情報を漏洩させたとして、責任問題にも発展しかねません。
そうなってから困ることがないように、日頃から、
電子メールの誤送信防止のための対策をしておくことが大切です。
具体的には、メールのフィルタリング機能がついたセキュリティソフトを利用して、
外部に宛てた電子メールは、即時相手に届くようにするのではなく、
しばらくの間、保留されてから相手へと届くように設定しておいたり、
添付ファイルに自動でパスワードでロックがかかるようにして、
誤送信していないと確認できてから、パスワードを相手に送るようにしたりするといいでしょう。