「子供を抱ける」というのは、多くの女性の幸せといえるでしょう。
しかし、中々赤ちゃんができない家庭はあるわけで、そんなとき不妊治療を知るのですが、授かれないストレスでさらに赤ちゃんができないなんてことはままあるものですが、そこでメディブリッジが考えた結論は、代理出産でした。
ここは、東京のオフィスを中心にアジア各国や、ハワイ、マレーシアの医療施設と連携を取って、業界最大規模といわれる17人のスタッフを擁して、最先端の医療を施しています。
ドナー数も250人以上いて、不妊に悩む皆様のサポートをしています。
ここは、不妊カウンセラーの資格保持者がいるだけでなく、スタッフすべてが高いレベルのカウンセリングとサポートを提供していますから、安心して代理出産ができるでしょう。
そうした点から、実績も最終的に授かったご夫婦は95パーセント以上で、1回の移植で55パーセント以上の結果を出しています。
料金もかなり安くなっているので、お財布のダメージが少ないのがうれしいですね。