お口の中の病気と言われる歯周病が実は全身に及ぼす病気であるとご存じでしたか?
早期の歯周病予防と治療が健康を維持するのに関係していたのです。
身近にまん延している歯周病についてご自身の歯周病を調べてみたいかたはこちらのサイトは必見です。

歯を支える骨を溶かしていく恐ろしい病気、歯周病。
実は最近の研究結果で、歯周病細菌によって炎症が起こり、その炎症が体内で作る物資があるそうです。
この物質が血液と共に全身を巡り、動脈硬化の促進、糖尿病の悪化、さらには早産になるリスクも高めるのです。
たかが、お口の中の病気と気軽に考えていたかと思いますが、命に関わる恐ろしい病気なのです。
また、歯周病は世界で一番感染者の多い病気として、ギネスブックにも載っているほどなのです。

80歳まで自分の歯を20本保とうという「8020(はちまるにいまる)運動」。
80歳で20本の自分の歯があればほぼ満足に食事が摂れると言われています。
早期に歯周病を予防し、口腔環境を整え、健康な歯でいられることがいかに大切かがわかります。
歯周病予防に関して口コミ評価の高い歯医者を検索するならこちらのサイトがお勧めです。
いつまでも、美味しく食事を摂っていきたいですね。