静岡県北九州市にある小倉記念病院は、大正5年に創立された、長い歴史を持つ総合病院です。
2005年4月には、福岡県知事から「地域医療支援病院」の承認を受けました。
JR小倉駅の北口からペデストリアンデッキを使うと徒歩で到着します。
創立当初は、標榜科、内科、小児科、外科、婦人科、耳鼻咽喉科の計5科でスタートしましたが、年々診療科を増やしていく事に成功し、現在は脳神経外科や消化器内科、病理診断科、放射線科、眼科など、25の診療科があります。
また病床数は658床もあるので、入院患者の受け入れ態勢も万全の病院です。
小倉記念病院の特徴は、地域社会へ貢献するためには、患者さんだけでなく職員の幸せも大切にしていきたいという理念を持っているところにあります。
このため、職員の人材育成には特に力を入れていて、患者への心をこもった挨拶と笑顔は全職員への行動指針に盛り込まれており、尚かつその実践も徹底しているのです。
高い人格と倫理性が備わった職員が育つことが、間違いの無い医療、地域に根ざした医療、患者さんの速やかな回復につながると確信しています。
そして、職員教育だけでなく、病診・病病連携と高度先進医療にも取り組んでいるため、安心して治療を任せられる病院だと言えます。