友人の家は古い中古の一戸建てを購入したもの。
昔ながらの間取りで家の中には廊下が多く
無駄な空間が占めていました。
赤ちゃんが生まれたことをきっかけに
その間取りを思い切ったリノベーションで
子育て仕様に替えることを思いついたそうです。
子供がのびのび遊べるように、
そして家中どこにいても子供が目に入り、危険が無いようにと
出来るだけ間取りをクリアにして広い空間を確保しました。
赤ちゃんが歩いても寒く無いように床暖房を入れて
床の素材も転んでも危なくないやわらかいものにしたそうです。
部屋を見渡せる広い空間はとても居心地がよく、
しかも廊下で仕切ることがないので
部屋全体が温かく、部屋ごとの温度差というものが無くなったそうです。
子供が過ごしやすい家に作り変えて本当に良かったと言っていました。

詳しくはこのサイトで!