今年、ついに念願のリフォームを実現することができました。
5人家族の我が家は2階建ての4LDKと決して狭くはないのですが、なにしろ収納場所が少なく家の中がいつも雑然としていたのです。
引っ越した当初は、一つ一つの部屋が広いことに満足していましたが、物が増えるにつれ押し入れやクローゼットが足りないことがストレスになってきました。
災害に備えて非常用の水や食品を多めにストックしており、リビングの床や廊下にも段ボールが積み上がっている始末です。
これでは生活動線も確保できないということで家族会議の結果、思い切ってリフォームを行うことになりました。
数ある業者の中から選んだのが、大成住宅の収納王です。
取り寄せた資料を読んで、その画期的なアイデアに驚きました。
部屋の一部分にウォークインクローゼットなどを作るのではなく、なんと1階と2階の間に大型の収納スペースを設けるというのです。
しかも1階床面積の半分もの広さがありながら、天井高が1.4m以下なら床面積に追加されず税金面でのメリットも享受できます。
部屋が狭くなる心配がなく、収納スペースによって遮音性も向上するなんて、まさに一石二鳥のリフォーム法でした。
今では、スキー用品などの季節ものや防災用品もすっきりと片付き快適に暮らしています。